【緊急企画】焦げ付かないソーミンチャンプルー実演~その2~

【緊急企画】焦げ付かないソーミンチャンプルー実演~その2~

皆さんは覚えているだろうか?

この記事を見つけた事から端を発し、

 

http://arigato-jpn.com/news/soumen

 

この特別企画にまで発展し、

 

【特別企画】焦げ付かないソーミンチャンプルー実演

 

大どんでん返しの結末を向かえたあの日のことを・・・

 

ども、JPN編集部新人ライターのshuuです。

あの日以来、悔しさから眠れない日々が続いた筆者の目にまたしてもそうめんが焦げ付かない方法という記事が飛び込んできた。

その日は安堵と共に眠りにつき、

そして気がついたら・・・、

 

スーパーでそうめん握り締める筆者がいた・・・

ほんとにそうめんは焦げ付かないのか!?

用意するもの

 

またしてもどこかの国旗みたいになってるが、

・にんじん  半分細切り

・たまねぎ  1/4スライス

・にら    半束5cmカット

・そうめん  4束

・シーチキン 1缶

・塩(できればあら塩)

ちなみに、筆者おすすめの塩がこちらなんですが、

 

今回はこのあら塩にプラス、

このぬちまーすをブレンド。

割合は、あら塩1に対して1/3程度のぬちまーす。

 

野菜炒める

 

この辺は前回と一緒です~

ごま油でにんじん→たまねぎ→にらの順でざっくり炒めます。

 

そうめんを茹でる

 

 

前回と違うのがこちら。

そしてここが一番大事なポイントです

 

茹でたそうめんに油(シーチキンの油もOK)を馴染ませた後、

 

ラップをして約1時間放置!

 

そして1時間放置したそうめん

 

筆者はごま油小さじ1、シーチキンの油小さじ1なんですが、確かに前回よりゴワツキみたいなのが少ない。

 

これはいけるかも!

 

こちらも前回同様炒めた野菜にそうめんを入れて、塩(あら塩&ぬちまーす)で味を調えながら一緒に炒める。

 

完成。

 

ぬちまーすブレンドのおかげで塩味に深みが広がり、味は今までで一番の出来!

 

フライパンはどうなったのか?

やっぱり焦げ付いてますけど~

 

いや、まってください!

 

前回のフライパンを見てください

 

あきらかに焦げ付きが少ない!

 

弱ったコーティングフライパンでこのレベルは成功と言っても良いのでは。

 

実際炒めてる時からそうめんがほぐれやすく、野菜と絡みやすくなったのも特筆するポイント。

 

皆さんももしソーミンチャンプルーで焦げ付きに悩んでましたら試す価値アリですよ~

 

 

2年半酷使してコーティングが弱ったものの、まだまだ現役で筆者のおすすめフライパン。

 

 

贈り物にもそうめんはやっぱり揖保の糸

 

これ単体での味付けはえぐくなりますが、他の塩とブレンドで味に広がりを!

グルメカテゴリの最新記事