【サッカー本田圭佑】レーシック失敗疑惑の真相を激白・・・・・!!

SNSのシェアボタンです♪

リンク

老眼治療

元サッカー日本代表の本田圭佑

名古屋グランパス時代の彼の姿を知る人にとっては、今の本田の目はどう写るのだろう。

インターネット上でもたくさんの話題を集めた、

本田圭佑の目の異常
雑誌やインターネット上で「本田圭佑の目の異常はレーシックの失敗によるもの」と、一時それが真実であるかに伝えられた。その真実に迫るため、本田の手術を執刀した安田医師と、手術を受けた本田圭佑本人の対話の様子をお伝えします。

まず、本田が伝えたかったのは、

「雑誌やネット等の媒体で、自分が受けたレーシックについて間違った認識が蔓延しているので、執刀医の安田氏との対話をお届けすることによって、レーシックについて正しい認識が広まるよう願っている」

実は、

本田の視力はグランパス時代までは視力2.0だった
しかし、海外のホテルなどに泊まることが多く、間接照明が多い中でテレビや本を見たり、パソコンをしていたため、急激に視力が落ちてしまった。

そのためプレイに悪影響が出て、特に本田が得意なボレーシュートなど、動いているボールをダイレクトに蹴る際はミリ単位でボールを捉えなければいけないので悪影響が出ていた。

なにより、

味方の顔でさえボケていた
という。

0.5という視力は、普通の人であれば問題ないが、本田はプロのアスリートであり、特にサッカーは遠くのものを識別しなければいけない。

サッカーの競技場は広く、遠い時には80mは離れているので、敵か味方かを瞬時に見分けることが求められる。しかし、敵と味方のユニフォームなどが似ている時は迷って瞬時の判断が鈍っていた。

老眼治療

ドライアイ


手術後はドライアイが出たので、術後は処方された目薬を使用する回数も多かったが、一年経ってほぼなくなった。

もともと、自分の親族がレーシックを受けていたため、まったく不安はなかった。本田は結構ドライな性格なので、自身の膝と同様、

『悪くなったら手術する』

と、シンプルに考えているようだ。

本田「レーシックをするまでは、コンタクトをしていたが、やはりコンタクトではプレー中の違和感が拭えない。サッカーに対し、ナチュラルな状態でプレーしたかったので、レーシックという決断をした。やはり自分はプロのスポーツ選手。自分は、一般の人にはおおざっぱに思われているかもしれないけど、すごく繊細で、普段から細かい同じことの繰り返しをしている。そんな繊細な世界の中で『目が見えない』というストレスは本当に悪影響で、それを克服し、後悔なんて言葉はまったくない」

と、語った本田。

そして、レーシックを受けた本田は、左右の視力1.5を保っている。

老眼治療

本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 )

大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。
サッカー経営者。Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC所属。
ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
日本代表。カンボジア代表監督兼GM。
日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。
マネジメントは実父が代表を務めるHONDA ESTILOと契約。

老眼治療

SNSのシェアボタンです♪

フォローお願いします(__)