【北斗の拳】原哲夫氏がその当時の驚きの印税の実態を告白!!【漫画家の年収】

SNSのシェアボタンです♪

北斗の拳

先日の記事

北斗の拳のあの名セリフ「あべし」「ひでぶ」「ぱぴぷぺぽ」の秘密が今明らかに!!
北斗の拳のあの名セリフ「あべし」「ひでぶ」「ぱぴぷぺぽ」の秘密が今明らかに!!
最近北斗の拳6にハマっています…ライターSです。北斗の拳とは1983から1988年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された武論尊と原哲夫による作...

 でもご紹介した、

スポンサーリンク

北斗の拳

の作画担当の原哲夫氏が、その執筆当時の自身の驚きの印税の実態を告白した。

まだ、北斗の拳の連載当初は、新人だったため、

3,000円/原稿一枚

という原稿料であったと告白。

アシスタントの料金などを含めるとギリギリの生活であったが、それは単行本が出るまでの間で、その収入が入ってからは状況は一変し、月に何百万円もの金額が口座に振り込まれたという。

その内訳も公開し、

印税:10%

武論尊氏:4%

原哲夫氏:6%

と作画にかかる手間だけ武論尊氏よりも多くもらっていたと告白。

一冊360円として、1000万部売れると36億円。

そのうち、原哲夫氏が6%として、

2億1600万円の金額が印税として入ってくることになる!!

漫画家の年収

漫画家の中でTOP100に入る人の年収は約7000万円、TOP100未満(約5000人強)になると約280万円といわれる厳しい実力差社会。

その中でも現在頂点に君臨する、あのワンピースの作者、尾田栄一郎さんの年収は、

年収約30億円!!

と言われ、その主な内訳としては、

印税:14億円

キャラクターグッズ:15億円

原稿料:5000万円

アニメ:1500万円

とその他諸々合わせて、30億円になるというすさまじい金額です…

関連コンテンツ170907



スポンサーリンク

SNSのシェアボタンです♪

フォローお願いします(__)