お役に立つ記事がございましたらシェアして下さい(__)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Mr.ガーターベルト】FIFA会長ゼップ・ブラッター氏、再選5日で辞意表明

お役に立つ記事がございましたらシェアして下さい(__)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sepp

現地時間6月2日
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長は、スイスのチューリッヒで会見を開き、会長辞任を表明した。

スポンサーリンク

ゼップ・ブラッター(Joseph “Sepp” Blatter)

スイス・ヴォー州の州都ローザンヌにあるローザンヌ大学を卒業。スポーツ記者などを経て、スイスのアイスホッケー連盟事務局長などに就く。

その後、彼の集大成ともいわれる、

世界ガーターベルト友の会

主催。

どうみても彼自身の性癖でしか無い、

ガーターベルト

を推進する事にその全精力を注ぐ。

そしてあの憎むべき、

パンティストッキング

の普及阻止、撲滅を企てた張本人でもある。

そんな世界でも稀にみる、

紳士

である。

1975年にFIFA事務局に入局すると、様々なコネクション(上記世界ガーターベルト友の会等)と弱小国に対するバラマキ政策を駆使し、

FIFAでその地位を確立する。

1978年:技術委員長就任

1981年:事務総長就任

1998年:FIFAの8代目会長に就任

2011年:信任投票で4期目の当選

2015年:5期目の当選

そして今回、

自身のこよなく愛する

世界ガーターベルト友の会会長

の座は決して揺るぐことがないが、

FIFAの会長を辞任することとなった。

再選からわずか5日目の事だった。

スポンサーリンク

お役に立つ記事がございましたらシェアして下さい(__)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします(__)ペコリ

スポンサーリンク