SNSのシェアボタンです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【なでしこジャパン】まさかまさかの5失点・・・決勝戦の敗因は【2015女子W杯】

SNSのシェアボタンです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なでしこジャパン

なでしこジャパン公式より

まさに怒涛の展開だった。

決勝戦までは、その見事なパスサッカーとポゼッション、統率のとれたデフェンスラインで失点を防ぎ決勝まで勝ち上がってきた、

スポンサーリンク

なでしこジャパン

しかし、その自慢のパスサッカーを見せる間もなく、前半開始2分での失点。まさかのグランダーでのクロスに、ディフェンス陣が戸惑いを見せたのは明らかで、動きが止まったところに入り込んできた

アメリカ代表FWロイド

本日のMVPは間違いなく彼女であろう。そして、二点目も同じセットプレーから同じ方向から決められる。

0-2

まだ前半4分での出来事だ。

準決勝で戦った、しっかりとディフェンスをしてポストに放り込むイングランドとはまったく違うサッカーで攻めるアメリカ代表。おそらく、アメリカはセットプレーからの飛び込みを、色々な状況で想定して練習していたのであろう。ロイドはしっかりとキッカーのタイミングに合わせてエリア内に入り、ゴールに向かっていた。

日本は中途半端なディフェンスになってしまい、マークはまったく付ききれず、二点目が入った後もまだまだ点が入る様子だったので、逆によく二点で抑えていたと思う。

マンマークも当初の作戦とは、それぞれ違う人についていたと思われ、それによる動揺からもボールウォッチャーになっている選手が多く見られた。

特に、動揺を見せたのが、

DF岩清水梓

クリアミスをアメリカに押し込まれたところで無念の交代。ベンチで涙を流す彼女も辛かったであろうが、今まで頑張ってきた岩清水を交代する佐々木監督も苦渋の決断であったと思う。

ロイド選手は、この決勝に来てまさかの大当たりをみせ、その後も点を取り、ワールドカップ決勝の舞台でハットトリックを達成する。

その嗅覚は、男子の一流選手のようでもあった。相手側にこういうノッた選手がいる状況では、もともと身体能力に差がある日本では、なかなか良い展開には持ち込めない。

佐々木監督としては、岩清水に変えて、この試合で代表引退の、

FW澤穂希

を交代でピッチに送り込んだのは適切な判断であったと思う。

女子サッカーにおいては、フィジカルよりも、精神的な支柱がいることにより、好結果をもたらすことが多く、澤がボランチの位置に入り、落ち着きを見せるなでしこジャパン。

そのため、後半のアメリカのオウンゴールで、

4-2

になった際には、良い流れで行けると思っただけに5失点目が響いた。

やはりマークのズレから前半と同じようなセットプレーの展開で5失点目を喫し万事休す。

バイエルン・ミュンヘン岩渕の登場も、引いたアメリカのディフェンスラインに得意のドリブル突破はことごとく防がれ、攻めてがなくなった。

世界一のあきらめない心: なでしこジャパン栄光への軌跡

なでしこジャパンの敗因

試合終了後のスタッツをみると、

・ボールポゼッション

日本55% : アメリカ45%

と押し込まれていたように見える日本の方が、ポゼッションは高かった。

なでしこジャパンの代名詞でもあるパスサッカーでポゼッションが上回る試合がほとんどであったが、この先、なでしこジャパンが上を目指すためには、どのような方向性を見せればよいのだろうか。体格差で劣る日本人の身体では屈強な欧米のディフェンダーを正面から崩すことは難しく思える。

特に、サイドからの切れ込みではよい所を見せた日本であったが、縦に早いドリブル、パスを身につけることにより、相手ディフェンスラインが戻ってくる前に攻撃を仕掛けることが出来る。

現在の男子サッカーにおいても、中盤のハイプレスからのショートカウンターが主流になる昨今、それらを身につけることにより、なでしこジャパンも得意のパスサッカーとスタミナ、なにより諦めない心でより強いチームに成長できると思われる。

なでしこジャパンの世代交代

今回で澤穂希は引退し、すでにキャプテン宮間、大野、川澄といった中心選手もベテランの域に足を踏み入れている。次の4年でどれだけ若い選手の押し上げがあるかどうかで、今後のなでしこジャパンの運命が決まる。

準決勝までの戦いが素晴らしかっただけに、決勝戦での早い時間での失点が、戸惑いを生み、もったいない印象も受けるが、ワールドカップの決勝の舞台まで上がってきたなでしこジャパンの戦いは日本中に感動を与えた。

まずは戦いを終えた身体を癒やし堂々と胸を張って帰って来て欲しい。

本当にお疲れ様でした!

なでしこジャパン!!

スポンサーリンク

SNSのシェアボタンです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします(__)

スポンサーリンク