【何こらタコこら】「タコ型宇宙人はもう地球に来ているぞこら!」NASA研究者の方の人が発言

【何こらタコこら】「タコ型宇宙人はもう地球に来ているぞこら!」NASA研究者の方の人が発言

【何こらタコこら】「タコ型宇宙人はもう地球に来ているぞこら!」NASA研究者の方の人が発言


 NASA研究者が「タコ型宇宙人はもう地球に来ているぞこら!」と発言。

ムーなどの読者のみの間で大きな話題になっているというのだ!NASAエイムズ研究センターのコロンバノさんが、最近発表した研究レポートで、宇宙人の存在に言及したというが。ムーなどで大評判であろう!

コロバノさんが言う。『私は端的に次のことを指摘。今後発見するだろう知性体、あるいは、我々を発見することを選ぶ知性体は、我々のように炭素ベースの生命体では全くないということです。(中略)彼らは“極小のタコ型の超知性体”でしょう」(コロンバノさん)

コロンバノさんによると、『人間はまだ星間飛行さえ不可能だと考えているが、それは地球の科学技術は興隆してまだ500年程度だからであり、地球よりもはるかに進んだ文明には我々に想像さえできない技術が存在するはずだという』のだ。

そして、、コロンバノさんって誰だ!?

コロンバノさん、我々地球人は既に月面に着いとるがね汗

 “極小の超知性体”といえば、原子物理学者のルゲロさんが、大気中に「不可視の生命体」が存在すると主張していたことがムー読者の間のみで有名だ。

ルゲロさんって誰だ!?

ルゲロ、、、ドラゴンズからジャイアンツに移籍したゲレーロのことか!!??

ルゲロさんによると通常のレンズとは異なる凹レンズを使用した「サンティリ式望遠鏡」により、
肉眼では見ることができない2種類のタコ型不可視体がいることが分かっているが、もしかしたら、
これらこそ“極小のタコ型の超知性体”なのかもしれない……。

タコ、、何こらタコこら!?

故スティーブン・ホーキング博士は、「地球人は知的生命体を見つけることが最優先」と何度も警笛を鳴らす、
こちらから宇宙人にメッセージを発してはならないと何度も警告しているというのだ。

ホーキング博士は語る。『宇宙人が我ら地球人を訪問したなら、ネイティブアメリカンにとって望ましいことではなかったコロンブスのアメリカ大陸発見と同じ結果を招く。そのような先進文明を持つ宇宙人はおそらく宇宙をさすらっていて、辿り着いた星ならどこでも支配し宇宙人が植民地化することを目論んでいる。これに備えるため宇宙人がどんな存在であるのかを追求することは現実の課題」(故スティーブン・ホーキング博士)

コロンバノさんはすでに宇宙人は地球に来ていると語っている……

コロンバノさんって誰だ!?

何こらタコこら!!何がタコだこら!

ニュースカテゴリの最新記事