お役に立つ記事がございましたらシェアして下さい(__)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好調のマツダ 新型ロータリーエンジンの最高級2ドアクーペ「RX-9」をお披露目するかも!?

お役に立つ記事がございましたらシェアして下さい(__)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ「RX-9」のデザイン予想がネット上に上がっています。

以下Spyder7さんからの引用

———————————————————–

マツダは、ロータリーエンジン50周年イヤーとなる今年の東京モーターショーで、新型ロータリーを搭載する最高級2ドアクーペ「RX-9」を初公開する可能性が高まっている。

Spyder7では欧州からの最新情報を元に、デザインを予想してみた。

2015年の東京モーターショーで公開された「RX-VISION」からインスピレーションを得た、マツダ独特のライン形状と押出の強いフロントエンドを特徴としており、随所にメッキパーツを採用したエクステリアは高級感が溢れる。

パワートレインは、新開発のロータリーエンジン「SKYACTIVE-R」を採用、最高出力は450ps程度が予想され、駆動方式はFR、ボディサイズは全長4440mm、全幅1910mm、全高1180mm、車重は1300kg~1350kgと予想する。

注目は、ロードスターRFのノウハウを活かした、電動アクティブトップモデルが投入される可能性だ。

今年の東京モーターショーでコンセプトモデルをワールドプレミアし、2019年にはオープンモデルを初公開した後、2019年内にクーペが発売されるのではと予想している。

予想価格は最低でも800万円、1千万円超えの可能性も十分あるという。

https://response.jp/article/2017/06/12/296011.html

引用 以上

マツダ風味のすこしやんちゃ可愛いフロント、

ロータリーエンジンで、
最高出力は450ps、駆動方式はFR!!??

かなりスポーティな運転が楽しめそう!

電動アクティブトップモデルで価格は800万円~1千万円超えだったら・・・・

最高にカッコイイだろうなあ。

ほかのデザイン予想の中で筆者が一番好きなのがSpyder7さんの予想です。

個人的には最近の日本者はファミリー向けの自動車のラインナップばかりで寂しい思いをしていました。

実用車だけでなくもっと遊びの要素のある車が欲しいって・・・・

そんなこともあり

やっぱりマツダはロータリーエンジンで元気に運転を楽しめる車を出し続けて欲しい。

筆者はそう期待しております!

スポンサーリンク

お役に立つ記事がございましたらシェアして下さい(__)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします(__)ペコリ

スポンサーリンク