【中国のものづくり】米偽装問題を遥かに超越した『プラスチック米』を製造【流通済】

この記事があなたの役に立ちましたらクリックで応援お願いします(__)ペコリ

プラスチック米4

中華人民共和国は、13億5千万人以上の人口で世界で一番人口の多い国であり、東アジアに位置する主要国家である。陸地面積でも世界第2位であり、砂漠地帯から、多湿な亜熱帯の森林まで広がる多様かつ広大な地形をもつ。

そんな中国でまたまたまたまた騒ぎが起こっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラスチック米

である。

一見通常の米と変わりはないように見えるが、さつまいもに、じゃがいも、さらには、合成の樹脂(ポリ塩化ビニール)を混ぜて、お米のように作り上げて生産していた。

当然この米は、農場で作られることはなく、工場で人為的に生産している。じゃがいもや、さつまいもならまだしも、食品ではない合成樹脂を混ぜて米を作っている。

インドで、そのプラスチック米を使ったお粥を食べた一般客が、異常を訴えたことにより、一連の事態が発覚した。

プラスチック米は非常に生産コストが安く、さらには香りづけのために香料を入れて、

プラスチック米1

実際の米と区別がつかないようにしているからたちが悪い。

そして、このプラスチック米を食べると、当然のことながら胃の消化は難しく、ビニール袋を食べていることとなんら変わりがないので注意が必要だ。

さらに、このプラスチック米は、通常に売られている高級品(日本で言えばコシヒカリ等)の米と偽り販売しているため、すでにインドネシア、インド、ベトナム等にも輸出された形跡がある。

プラスチック米0

USDAの統計によると、米の消費量は14,800万トンで中国が一位、それに続き、インド、インドネシアは2位、3位と続くため、中国にとっては最大の米の輸入国でありお得意様である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの役に立ちましたらクリックで応援お願いします(__)ペコリ

フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です