【今週末の終末予報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定した!ハゲは頭皮の髪様より神様に祈れ!

SNSのシェアボタンです♪

秋の爽やかな陽気。

台風も過ぎ、一過性の暑い日が過ぎるとすぐそこに本格的な秋が現れる。

読書の秋、食欲の秋、そして今週末は毎度おなじみ終末予報の秋である!!

スポンサーリンク

2017年9月23日にキリストが再臨し、そして最後の審判が訪れる予言がある

 我々人類そして我々ハゲたちの頭皮の滅亡日を9月23日と確定した人物がいる。

【プラネット X  ザ・2017・アライバル】の著者として著名で、聖書研究家で天体観測家のデイビッド・ミード氏である。デイビッド・ミード氏の話だと、8月21日に北米大陸で観測された皆既日食【グレート・アメリカン・エクリプス】は、この世の終末を示しているとされる旧約聖書【イザヤ書】第13章、9節と10節にピッカリりと重なる、更に10節の記述で、真に先の日食を暗示しているというのである。その後、怒り狂った主(神)が再臨し、罪人(我々ハゲを含む人類のことか!?)を裁く【最後の審判】がやって来るというのだ。

我々ハゲの最後の審判、、、怒り狂った髪様!!

グレート・アメリカン・エクリプスに関する記事はこちら

【緊急事態】皆既日食の影響で今年の9月23日にニビルが地球に衝突か!?ハゲは防災頭巾を被れ!
【緊急事態】皆既日食の影響で今年の9月23日にニビルが地球に衝突か!?ハゲは防災頭巾を被れ!
地球温暖化、異常気象、ノストラダムス、アルマゲドン、ターミネーターの暴走、毛母細胞の壊滅などなど、現代の我々ハゲを含む人間たちの驚異...

【見よ、主の日が来る。残忍で、憤りと激しい怒りとを持って此の地を荒し、その中から罪人を断ち滅ぼす為に来る】13章9節
【天の星と其の星座とは其の光をはなたず、太陽は出ても暗く、月は其の光を輝かさない】13章10節

 更に、興味深いことにピラミッドの存在も同説を裏付けているとデイビッド・ミード氏は語っているのだ。デイビッド・ミード氏曰く、ギザの大ピラミッド内部の2つの通路、下降通路及び上昇通路が、9月20日以降非常に正確に、一つの天体を指し示すと言うのである。下降通路が指し示している天体は獅子座で最も明るいレグレスと言う名のしし座α星で、上昇通路が指し示すのは、救世主メシアを意味する木星だ。2つの天体が指し示される時、それが終末の到来であるのだ。

太陽が出てなくとも我々ハゲが救世主メシアを押さえ込みハゲ頭で照らしてやるぞ!!

 デイビッド・ミード氏の独自分析によるニビル衝突予測であるが、デイビッド・ミード氏とは別に多くの人々がデイビッド・ミード氏の終末予想と同じ予想をしている問のだから驚きだ。

別の今週末終末予想識者たちがこちらである。

【アメリカの皆既日食はキリストの再臨のシグナルであり、9月23日から世界の終末が始まる】終末論系ブログを運営するマイケル・パーカー氏 ※イメージ

キリスト教福音派の書物の出版を手がけるゲイリー・レイ氏 ※イメージ

ニュージーランドの化学者であり、クリスチャンのジョナサン・サーファッティ氏 ※イメージ

いったい今週末終末予想識者は何人出てくるんだ!ふえるわかめちゃん並に今週末終末予想識者たちがいるのだから確実に実話であろう!!

2017年9月23日、我々ハゲはこの秋分の日には秋ナスサンマを食べて幸せにくらいしたいというのに!!(○`ε´○)

秋の夜長はこんな感じで怪我(毛が)無く谷繁元信監督などと共に笑顔で野球を見ながら過ごしたいものだ!!