【映画を今すぐ無料で観る方法の決定版!】ラブ・アクチュアリー【採点批評レビュー】

SNSのシェアボタンです♪

今年ももうすぐクリスマす。 
クリスマスと言えば、この1本は外せません。

スポンサーリンク

ラブ・アクチュアリー(Love Actually)

LoveActually_800x1200

2003年に製作されたロマンティック・コメディ (英米合作作品)
ラブコメの不動の名作と言っても過言ではない。
あきらかに女性向けだと思いますが、男性に見てほしい作品。
19人の男女がクリスマスの夜に織りなす群像劇。

あらすじ

◉イギリス首相のデイヴィッド(ヒュー・グラント)は若く、ルックスも良く、独身。
しかし秘書の1人、ちょっと太めのナタリー(マルティン・マカッチョン)に一目惚れしてしまい、仕事に身が入らない。

◉妻を亡くしたダニエル(リーアム・ニーソン)は、義理の息子サム(トーマス・サングスター)がまったく口を利かなくなってしまったことが気がかりでならない。

◉弟に恋人を奪われてしまった作家のジェイミー(コリン・ファース)は、傷心を癒すため南仏の別荘に向かう。そこでメイドとして働くポルトガル人のオーレリア(ルシア・モニス)と言葉は通じないが除々に心が通じ合う。

◉経営者のハリー(アラン・リックマン)は、しっかり者の妻カレン(エマ・トンプソン)
や3人の子供たちと一緒に幸せに暮らしていた。だが突然、部下のミア(ハイケ・マカッシュ)が、彼にアプローチをかけるようになってしまった。

◉そんなハリーの会社に勤めるサラ(ローラ・リニー)は、入社以来2年7ヶ月のあいだ、
同僚のカール(ロドリゴ・サントロ)に恋心を抱いている。
しかし奥手なサラは告白の言葉が出てこない。

◉ビリー(ビル・ナイ)は、かつての持ち歌をクリスマスソングにアレンジしてカムバックを果たそうとする老いぼれのロック歌手。
マネージャーのジョー(グレゴール・フィッシャー)が必死に売り込みを続けるも、スター気取りなビリーの過激で下品な発言が世間を騒がせてばかり。

◉画家のマーク(アンドリュー・リンカーン)の親友ピーター(キウェテル・イジョフォー)が結婚式を挙げた。ピーターのお相手は、美人なジュリエット(キーラ・ナイトレイ)。親友を祝福するも、ピーターとばかり喋ってジュリエットにはよそよそしいマーク。
ジュリエットは夫の親友となんとか仲良くなろうと思い悩むが、マークには彼女に知られたくない秘密があった。

◉ケータリングの仕事をする若者コリン(クリス・マーシャル)は、頭の中が女の子と卑猥なことでいっぱい。彼女いない歴を更新中の彼は、冷たいイギリス人相手のナンパに限界を感じ、友人が止めるのも構わず、アメリカ娘を狙いに単身でウィスコンシンに発つ。

◉ラブシーンのスタンドインを演じるジョン(マーティン・フリーマン)とジュディ(ジョアンナ・ペイジ)は、気まずくなるようなシーンを、他愛もない会話で楽しく撮影できることに喜びを感じていた。次第に親しくなった彼らは恋に落ちる。

9つのクリスマスの物語の結末ははたしてどうなることやら

サウンドトラック

ジャンプ – (ガールズ・アラウド)
トゥ・ロスト・イン・ユー – (シュガーベイブス)
ザ・トラブル・ウィズ・ラブ・イズ – (ケリー・クラークソン)
ヒア・ウィズ・ミー – (ダイド)
クリスマス・イズ・オール・アラウンド – (ビリー・マック)
ターン・ミー・オン – (ノラ・ジョーンズ)
ソングバード – (エヴァ・キャシディ)
スウィーテスト・グッバイ – (マルーン5)
ホエアエヴァー・ユー・ウィル・ゴー – (コーリング)
シー・イット・スルー – (テキサス)
青春の光と影 – (ジョニ・ミッチェル)
ホワイト・クリスマス – (オーティス・レディング)
テイク・ミー・アズ・アイ・アム – (ワイクリフ・ジョン Feat.シャリッサ)
恋人たちのクリスマス – (オリヴィア・オリソン)
ゴッド・オンリー・ノウズ – (ビーチ・ボーイズ)
愛こそはすべて – (リンデン・デヴィッド・ホール)
サムタイムズ – (ガブリエル)
グラスゴー, 愛のテーマ – (クレイグ・アームストロング)
PMズ・ラブのテーマ – (クレイグ・アームストロング)
ポルトガルから愛のテーマ

スタッフ

監督: リチャード・カーティス
脚本: リチャード・カーティス
製作:ダンカン・ケンワーシー
  :ティム・ビーヴァン
  :エリック・フェルナー

音楽 :クレイグ・アームストロング
撮影 :マイケル・コールター
編集 :ニック・ムーア 

キャスト

ヒュー・グラント
リーアム・ニーソン
コリン・ファース
エマ・トンプソン
アラン・リックマン
ローラ・リニー
ビル・ナイ

作品データ

製作会社 : ユニバーサル・ピクチャーズ
               スタジオカナル
               ワーキング・タイトル・フィルムズ
               DNA Films
配給 :アメリカ合衆国ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の公開 :2004年2月7日
上映時間 :135分
製作国  :イギリス /アメリカ合衆国
言語 :英語 フランス語

批評レビュー(ネタバレ含む!)

とにかくだまされたと思って見てください!

クリスマスの夜に織りなす9つのストーリーは笑いあり涙あり、そしてなによりキュンとする。1回目は女子の友達と、2回目はカップルで、そして
最後は自宅で1人で見てほしい。
それぞれどのエピソードも優劣つけがたいが、キーラ・ナイトレー演じるジュリエットと夫の親友の画家のマークのエピソードは何度見てもせつなく、クリスマスの夜にピッタリのシーンでこころにのこる。
挿入歌もほんとうにいいので、ぜひお聴き逃しなく。
数多いクリスマスの作品の中でも鉄板のラブストーリー
評価:100点

今だけHuluで無料視聴可能なお得なリンク!!
自宅で冬、1人ホットワインを飲みながらラブ・アクチュアリー。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

↑上記リンクからお申し込みするとなんと、、、

2週間無料!!

で、この作品を含む全ての動画が見られるため、絶対にお得です!!

テレビ、PCでの視聴はもちろん、

スマホ

タブレット

まで、観る人に合った視聴方法で、退屈な通勤時間や昼休み、夜寝る前にひと映画!などと贅沢な楽しみ方が出来るHulu!

まずは無料のお試しから!!

絶対オススメです!!

関連コンテンツ170907



スポンサーリンク

SNSのシェアボタンです♪

フォローお願いします(__)