【ハゲ歓喜】ドフサになりたいハゲは牛に頭を舐めさせろ!!

【ハゲ歓喜】ドフサになりたいハゲは牛に頭を舐めさせろ!!

 

我々ハゲは肉食である

だから動物性の脂で頭皮がギトギトになり、ハゲるのだ。それも牛や豚の脂っこい肉が大好きだからハゲがどんどん進むのだ。

だからといってどんどんハゲるのを指をくわえて見ている訳にはいけないのだ。

そんな牛や豚の脂濃い肉が大好きな我々ハゲに朗報だ。

牛にピッカリヅルムケハゲ頭を舐めさせると毛が生える・・・・!?

 

我々ヅルムケハゲを歓喜させた、この驚きの発毛法、南米コロンビアの理髪店で行なわれているらしい。実はドイツにも『牛に頭を舐めさせるとヅルムケハゲ頭にも毛が生える』という昔からの言い伝えがあるのだ。そんなハゲな!!とピッカリ嘘のように思えるこの育毛法だが、ちゃんと根拠があった。根拠はあるが我々には毛根(拠)はない。

この育毛法について美容、育毛を研究しているヘアコンサルタントの専門家が話す。

『秦の始皇帝が不老不死の薬の探索を徐福に命じたという話は知られています。そしてたどり着いたのが“ツバメの巣”でした。ツバメの巣には美容によいE.G.F.様物質(表皮成長因子)や弾力をサポートするF.G.F.【線維芽細胞増殖因子】のほか、シアル酸が人間の2000倍も豊富に含まれている。これが発毛、育毛にすごく効果があるんです。シアル酸を薄毛の頭皮に6カ月塗布した結果、4人のうち3人に効果があった』

 ハゲのみんなもご存知だと思うが、ツバメの巣とは、アナツバメの一部の種類の雄が繁殖期に約1ヶ月をかけ、唾液の分泌物を固め絶壁につくる。ツバメは休むことはほとんどなく睡眠も飛翔しながら作っているのだ。ツバメの巣は古来より長寿、美容に大きな効果があると言われてきたが大変希少で高価である。

 

そんな中、我々ハゲに朗報だ!!

何と牛の唾液がこのツバメの巣の代用になるという。ツバメに含まれるシアル酸の量はツバメの巣には及ばないが、人間の数十倍から100倍にもなる。

そして、名古屋市立大学でのマウスを使った実験で、シアル酸に育毛効果がある事がわかったという。

うじうじ悩んでないでハゲはさっさと牛にハゲ頭を舐めさせろ!!

薄毛カテゴリの最新記事