【カメカメ日記】ふりかえり〜妊娠発覚から妊娠超初期症状〜【切迫流産】

妊娠初期

今日は妊娠発覚の頃の話。

30代後半、一般的に35歳を過ぎると高齢出産と様々なところで目にします。

それに慌てたという訳ではないのですが、旦那さんと話し、今年に入ってから頑張ることにしました。

異変に気づいたのは、生理予定日の数日前のこと。

・ピンク色の少量出血

・おへそ辺りの腹痛の始まり

でした。

「もしかして、着床出血?」

「いや、今回も残念だったかな?」

でも、明らかにいつもの生理の始まりとは違う感じ。

通常は、下腹部に重く鈍い痛みがジワジワやってくるのに対して、今回は、おへそ辺りにチクチク刺すような痛み。痛みの場所も違う。

スポンサーリンク

これが妊娠超初期症状!?

確か妊娠検査薬は、生理予定日から1週間後以降だったなぁ…等と思いながら(くそまじめに守っていた)

この頃は忙しく動き回り、具合が悪くても身体を休めることができなかったので、ひとまず様子をみることに。

ところが、生理予定日を過ぎても、生理終わりがけのような薄い茶色い出血が続き、相変わらずのおへそ辺りの腹痛で、時折強めのチクチクがある程度。気になって調べてると、

衝撃…

もしかしたら、

正常妊娠じゃないかもしれない…

私の症状は、ある病気の症状にすごく当てはまっている!

『症状は個人差もあり、決めつけてはいけない…』

冷静に考えると今はわかるが、その時は思い込んでしまった。

まずは妊娠検査薬を!

結果…

陽性!!

しかもくっきり。

しかし、自分では病気だと思い込んでいたので、すごく複雑な心境に…

そして覚悟を決めて病院へ。以前から通っていたクリニックへと。

待つこと2時間…

ようやく診察。

診断結果は、子宮内に胎嚢は確認できたが、

切迫流産しかけている…

とのこと。

ほっとするのも束の間、さらなる不安に襲われる。

その後、先生から、切迫流産の説明や初期の流産の確率などの話があり、

「出来ることはお子さんを信じて祈ることと、とにかく安静にすること。そしてあなたの頑張り次第。」

不安から始まった妊娠。

お腹の中に新しい命を確かに授かっていることを知り、やれることを精一杯尽くそうと決意した瞬間でした。

長くなってしまいました。

最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m