【主夫ログ②】妊娠5週〜切迫流産の診断からの自宅安静〜

baby5

妊娠発覚後、その喜びも束の間、医師による診断

スポンサーリンク

切迫流産

それを受け、急遽仕事をお休みし、

一週間の自宅安静

を命じられた我が嫁。

自宅より徒歩圏内の職場で、力仕事こそ全くない職場ではあるが、立ちっぱなしの職場である。その点も鑑み、トイレ、食事以外は全て寝て過ごした。

自宅安静

嫁の場合は、自宅安静という指示であったが、もっと重い症状、または、担当の医師にもよるのだが、入院という選択肢も考えられただけあって、妊娠の超初期を一緒に過ごせたことは幸いだった。

お風呂

入浴は感染症を起こす可能性があるため、また、普段健康な生活を送っているときは全く気づかなかったのだが、湯船に浸かるというのは大変体力を消耗するため、控えるようにとの指示。シャワー自体も禁止されたため、一週間その状態で過ごす嫁を見るのは可愛そうだとは思ったが、逆にその姿を見て、頑張って助けてあげようという気持ちが湧いた。

自分も入院経験があり、全く動けない状態になったこともあるが、シャワー等に入れない場合は、濡れタオルで身体を拭くことは出来るが、髪はなかなか洗いにくい(病院などではベッド上でも出来る用意がある)我が家はドレッサー付きの洗面台だったため、そこまで辿り着ければ、と思ったが、その姿勢を維持するのは大変力がいる作業(これも健康時には全く気づかなかった)ため、髪は洗うことはなかった。

トイレ

これも普段の日常では全く気にすること無いのだが、排便はお腹にとても負担がかかるので、気をつけなければならない。また洋式の便座は血行が悪くなりやすいため、注意が必要である。5分を目処に、出ても出なくても一旦出たほうが良いとの指示。また、嫁の場合は出血が出ていないかが大変重要なポイントなので、そこにも注意していく。

家事

当然夫である自分が、家事の全てをこなしていくわけだが、幸いにも料理は得意だったため(掃除、洗濯もそれなりに・・)嫁のために尽くす、

主夫

としての生活が始まった。

また、妊娠中の身体故、胎児への影響を考え、肉、魚、添加物等の入ってない食材を考えるようになる。妊娠前には全くそのような知識がなかったため、戸惑うことも多かったが、

新たなる知識を身につけることの出来る機会

そして切迫流産でこそあるが、

新たなる命へのチャレンジが出来る喜び

に、精神的な負担は全くなかった。

【主夫ログ③】妊婦の食事①〜摂ったほうが良い食品・良くない食品・葉酸サプリを併用〜
自分と嫁にとって初めての妊娠。 全てが分からないことだらけだが、妊娠中における食事もその一つ。 妊娠確定の喜びから、豪勢...