【妊娠13週】妊娠13週目の症状と赤ちゃんの様子〜貧血の症状と妊娠線の予防〜

初期妊娠.com14

妊娠13週目には、それまでは目立つことのなかったお腹も目立つようになります!つわりも治まってきた方も多いのでは?!しかし、今まで現れなかった便秘や貧血などの色々な症状が出てくるのがこの頃でもあるのです。

スポンサーリンク

妊娠13週目のお母さんの身体に起こる症状

妊娠13週目になると、流産の可能性は1%程度までに減少!今まで流産の可能性に怯えてた方も少しホッとするのでは?!不安になる要素が減ることでリラックスして過ごせるようになれば、さらに赤ちゃんへの影響も良くなっていきます。

しかし、確かに流産の確率は減るのですが、流産の確率が0%になったというわけではありません。この時期からも「切迫流産」だと診断されることもあり、もし出血や痛みがあった際には、検診日の前でも後でもすぐ病院へ行くことが大事です。

さらに胎盤が完成に近づいてくるので、大量の血液が必要になり、

貧血の症状

が出ることが多くなります。胎児の栄養となるため、お母さんの血が足りなくなり、鉄分不足になりやすいのです。ここでお母さんが貧血になってしまうと、赤ちゃんへ栄養が行き渡らなくなってしまうので注意が必要です。

また貧血による、転倒等の物理的な危険性も増し、さらにはお腹が大きくなってきたことによる動きにくさも出てしまうので、しっかりと鉄分は補給していきましょう!また、ここでも食品で補えない場合はサプリメント等を有効活用していきましょう。

妊娠線の予防

妊娠線とは、妊娠によって出来てしまう線のことで、この頃になるとお腹が膨らみ、妊娠線のケアが必要となってきます!特に痩せていた人などは注意が必要で、この頃よりケアを始めていきましょう!

妊娠線は対応を怠ると治らない人も多く、出産後もずっと残ってしまいます・・・妊娠線予防のクリーム等でマッサージをして妊娠線が出来ないよう気をつけていきましょう!

妊娠13週目の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの大きさは頭殿長で70ミリ前後、体重は20〜30gとなります!神経細胞もどんどんと発達していき、脾臓がその働きを始め、肝臓とともに血液を作る役割を果たします。

また、肺の動きも、呼吸をするかのごとく、羊水を出し入れしたりして、徐々にその働きを始めます。

手の指もしっかりと親指と人差し指や他の指とも分けて使うことが出来るようになり、パンチをしたり、手首を曲げてみたり、さらには足の指も曲げることが出来るようになり、色んな動作が出来るようになるのもこの頃です!

掌握反射

これまでは腕全体でパタパタしているだけでしたが、この掌握反射という反応(触れたものを握ろうとする習性)により、親指をしゃぶしゃぶしたり、手を握ったりとできるようになるのです。

【妊娠14週】妊娠14週目の症状と赤ちゃんの様子〜むくみ(浮腫)の原因と解消法〜