妊娠周期の計算方法〜十月十日(とつきとおか)の数え方〜

1010

日本の産科学においては、妊娠の第1日目には、まだお腹の中に赤ちゃんはいません。卵巣の中にある卵子が、妊娠第1日目の赤ちゃんとなります。

スポンサーリンク

十月十日(とつきとおか)

妊娠期間は十月十日と呼ばれるように10ヶ月間あります。その数え方は、

最終月経の開始日を「0週0日」として始めます。

それ以降は、「28日周期」を基本とし一ヶ月と数えます。ですので、10ヶ月で280日、280日目が出産の予定日となります!

数え方

5週0〜5週6日というように、0〜6日の単位で数えます。

十月十日の簡単な計算方法

まず、

最終月経の日を出します。
(例として、4月1日を最終月経の日とします)

そこから、

「月」から「3」を引く(若しくは「9」を足す)

「日」に「7」を足す

すると、

例の場合では、

4月から「3」を引いて、「1」

1日に「7」を足して、「8」

1月8日出産予定日となります♪

ただし、月経周期が28日ではない人や、生理不順で排卵日が分からない人は、妊娠9週目頃のエコーで、胎児の大きさを測り、そこから妊娠週数を割り出して、正しい分娩日が決定します!

ですので、Hした日が妊娠の第1日目ではありません…筆者も勘違いしていました…

正確な分娩日を計測して、出産予定日まで余裕を持った計画を立てましょう!