Apple Watch発売〜購入〜使用〜二週間使用してみての感想!〜

この記事があなたの役に立ちましたらクリックで応援お願いします(__)ペコリ

この春、Appleより鳴り物入りで登場、発売された、

Apple Watch
Apple Watch

であるが、新しきもの大好き♪な、私ライターHが、使い始めて二週間のレビューをお届け致します。

まず、第一に感じたのが、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneとの違い

iPhoneはもちろん、他のスマホ・携帯でも、現在、社会で暮らすほぼ全ての人にとって携帯端末とは肌身離さず持ち歩き、ほぼすでにウェアラブルな存在とも言えるであろう。しかし、ウェアラブルな端末として、常に肌に接触している。この点でApple Watchは、iPhoneとの大きな違いがある。

iPhoneの場合、女性の方々はカバン等に入れ、自分や男性の場合はズボンのポケット、あるいはジャケットの内ポケット、シャツのポケット等に入れ、着信が合った際に、音や振動で気付き取り出す。という作業を取る。

しかし、Apple Watchの場合は、本当に重要な通知のみを受信選択できるようになり、大切な着信、メールはすぐに確認、そして、重要度が少ない通知の場合には、今まで同様iPhone等で確認する。という使い分けが出来るようになった。

その為、自分の場合ではあるが、ポケットから取り出す頻度が格段に少なくなった。電車の中で、特に座席に着席出来た時などは、たくさん情報収集の為(と言ってからのゲーム等...)iPhoneを手に取り操作するが、街中で歩いている際には、スッと腕元に視線を移すだけで、重要な情報を確認できるようになったため、歩きスマホと言った、実際危険とは分かりつつも行ってしまう行動も、抑制出来てきているのでは、とも思う。

バッテリーの持ち

スマホはもちろん、ノートPCやタブレットを持つ人が、一番気になるのココではないだろうか。時計の役割もきっちりと果たしてくれなければ困るので、さすがに一日の途中で切れるようになると困りモノである。

実際の感覚としては、使いはじめには、さすがに物珍しさと初めてにも書かわらず、初期設定を完璧に済ましてから全開で使う!!という謎の使命感に追われ、触り続けていたので、バッテリーの消費は激しかった。。

しかし、

そのような初期の使いまくり状態を終え、日常を、Apple Watch一辺倒の生活から抜け、通常の使用をしだすと、一日は余裕で持つ印象だ上記のような状態で、筆者の場合は、30%以上の残量が残った。ご参考までに。

さすがに、二日続けて使用するには、まだまだ怖い気がするが、これだけの機能を使えて、このバッテリーの持ちであれば、予想外では合ったが(ごめんなさい。愛するApple...)合格点を挙げたい。

次回は、その機能面についても深く掘り下げて参ります。長文にお付き合い頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの役に立ちましたらクリックで応援お願いします(__)ペコリ

フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です